脱毛クリニックで施術する前後は飲酒は避けよう

脱毛クリニックで脱毛する場合は、飲酒をする場合にも注意をしておかなくてはならないです。


ここでは脱毛と飲酒がどのように関係しているのかを簡単に説明します。
まず、脱毛クリニックのレーザー脱毛というのはレーザーを照射した際に熱を発生させています。熱が発生するのは体毛に対してのみなのですが、その熱は体毛の周囲の肌にまで伝わります。そのためにレーザー脱毛を行った際には輪ゴムで弾いたような痛みを感じているのですが、瞬間的に痛みを感じているだけでは無く、熱によって程度が軽い炎症を起こしている状態となります。



軽い内であれば特にそれ以上刺激を与えるような事を避けていればすぐに治るのですが、何かしらの刺激を与えてしまうと普段であれば特に問題が無い事であったとしても、それが原因で炎症してしまう事もあるのです。
そして炎症を引き起こす原因となる行為の一つが飲酒となるのです。飲酒をすると血行が良くなって体温を上昇させますが、軽い炎症を起こしている状態での体温の情報は炎症を誘発する原因となります。



お酒は体内に入ると分解されるまでにかなりの時間が必要となりますので、脱毛クリニックで脱毛する場合は施術後の飲酒だけでは無くて施術前の飲酒についても注意をする必要があるので注意した方が良いです。

脱毛前後のどのくらいの時間は飲酒を避けたほうが良いのかというのは個人差があるのでハッキリと述べる事は出来ないですが、余裕を持って半日程度は飲酒しないようにしておくのが無難です。