おせちを重箱に詰めるポイント

おせちを作っても、重箱への詰め方が分からないとお皿に並べてしまうこともありますが、重箱に詰めるには意味があり、めでださや幸せが積み重なるようにという願いが込められています。

おせちを重箱の段数は、地域や家族によって異なることもあります。

正式な段数は5段重ねで、料理は1~4段目に入れて4段目は年神様から授かった福を詰める場所として空のままにしておきます。また重箱は上から一の重というように数え、四段目は四は縁起が悪いため与の重とします。

5段重ねのおせちの詰め方があります。一の重は祝い肴で黒豆や数の子、関東地方に多いのは田作りや関西地方に多いたたきごぼうなどです。二の重は口取りや酢の物を詰めます。

紅白蒲鉾や伊達巻、昆布巻や栗きんとん、紅白なますや菊花かぶなどです。三の重は海の幸が中心の焼き物で、ぶりや鯛、海老などを詰め、与の重には山の幸が中心の煮物で、れんこんや里芋、ごぼうや人参、こんにゃくなどです。

五の重は基本的には空にしますが、家族の好きな物や予備の料理を入れても良いものです。

家族が少人数で五段もいらないという場合には三段重ねにすることも可能で、一の重は祝い肴や子供のために甘い料理を中心に詰め、二の重には酢の物や焼き物、三の重には煮物を詰めます。

一段に詰める料理の数は吉数の5や7、9種類が縁起が良く、品数も多いので綺麗に詰めるポイントは、奥から、崩れにくいものから先に、仕切りなどを使って味や香りが移らないようにします。

また汁気のあるものは竹筒など器を使い、魚や海老の頭は左にするなどがポイントです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です