おせちは日本の食文化

日本人ならではのものというと何を思い浮かべるでしょうか。

最も多くの人が思い浮かべるのは食べ物かもしれません。代表的なものでいうとお寿司があります。生魚を食べる文化がある国は非常に少なく、生魚を食べない国が圧倒的に多いです。

それには鮮度が大きく関係しています。魚はとってからすぐに処理をしないと鮮度はどんどん落ちていきます。さらに、漁船から市場へ運んでいく時にも温度管理を徹底しなくてはいけません。

温度管理を間違えてしまうと一気に鮮度は落ちてしまい、痛みも激しくなります。最悪の場合は売り物にならなくなるので、気を抜けない工程です。

市場では小売店や魚屋などが買い付けを行い、店頭に並んだり、お店で提供されていきます。日本はこのように鮮度を保つためのシステムが完璧に確立されています。

なので、安心して美味しいお寿司を食べることが出来ます。日本ならではの食べ物でいうとてんぷらを押す声もあるでしょう。てんぷらは非常に繊細な料理で、料理人の腕がかなり重要とされています。

てんぷらは高温の油で食材を揚げますが、揚げる時間や温度によって出来具合は大きく違ってきます。同じ食材を使用しても一流の料理人と素人では味が全く違います。

日本の食文化で世界に誇りたいものの中にはおせちもあるでしょう。

おせちは味だけではなく、彩りや食材のバランスも非常に大事です。一年の始まりを気持ちよくむかえるにはおせちは欠かせないものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です