おせちとは?その歴史と意味は?

日本は古くからの伝統や文化を大切に継承する民族であり、時代が変わり生活習慣や価値観が変化してもその文化を守っている人は少なくありません。

新しい年を迎えるときには気持ちも環境も整えて、その一年を元気に頑張って過ごせる様な準備をするのです。

おせち料理は正月に食べられる日本の代表的な料理であり、日本人が大切にしている新年を迎えることが出来た事を祝う象徴的なものでもあります。

この料理は御節料理と漢字では記され、その起源は弥生時代まで遡ることが出来ます。日本人は狩猟から農耕へと生活環境を変えた時代でもあり、点に感謝の気持ちを捧げる習慣が生まれてきたのです。

御節とは元々は暦の上で一年の節目となる日の節句を表しているものでありました。季節毎の節句にはお供え物として神様に料理を捧げており、それを御節料理と呼ぶようになったのです。

時代の変化の中で特別に大切な日とされている正月に食べるものだけがおせち料理と呼ばれるようになりました。

御節料理の名前の由来は暦の上で節目に当たる節日に邪気を払って不老長寿などを神様に祈願する宴が宮中行事が節会(せちえ)と呼ばれており、この節会で準備されていた食べ物が御節供(おせちく)と言われていました。

それが変化して現代の名前になったと言われているのです。このように古来の日本から長い歴史を経て受け継がれてきたおせち料理には、その料理の一つひとつに重要な意味が込められていることでも知られています。

例えば黒豆はその黒色は魔除けの色として考えられており、豆にはまめまめしく働く真面目さや健康という意味があることから無病息災で働ける様にとの願いが込められています。

数の子はその数が多いことから子宝や子孫繁栄の象徴とされているのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です